maneoグループの店舗ビジネス特化型Crowd Leaseに迫る

crowd lease

2016/02/08にサービスを開始しました。
個人投資家向けの中小・ベンチャー企業投資に力をいれており、店舗ビジネスに特化しています。
maneoグループの4番目のソーシャルレンディングサービスになりました。

株式会社ダーウィンとmaneoのタイアップ

クラウドリース(株式会社Crowd Lease)は、株式会社ダーウィンとマネオmaneoがタイアップしてできた新しいソーシャルレンディングサービスです。株式会社Crowd Leaseの代表者武谷 勝法氏は、株式会社ダーウィンの代表取締役社長です。

ダーウィンってどんな会社?

2000年に飲食ベンチャー企業としてスタートし、現在はサービス業を営んでいるそうです。フレグランスレンタルサービスは、なんとアバクロやホリスターなど数々の有名アパレル店と契約を結んでいます。

Crowd Leaseの特徴は?

設立からまだ2か月強ですので、成立ローン総額は3億5047万円にとどまっています。

募集額が200~300万円のファンドが多く、比較的少額といえます。
ただし、プレミアムキャンペーンファンドの時のみ2,000万円超えになっています。
投資可能金額は2万円からです。

Crowd Lease公式アカウント
Twitter:@crowdleaseJP

Facebook:クラウドリース

blog:Crowd Lease ~Official Blog~

“maneoグループの店舗ビジネス特化型Crowd Leaseに迫る” への 1 件のフィードバック

コメントを残す