クラウドクレジットの社長ってどんな人?杉山智行氏を知る

社長を知って会社を知ろう

ソーシャルレンディングのサービスが本当に急増していて、どれがいいのか判断に困りますよね。今回はクラウドクレジットの杉山智行氏に迫ります。社長を知れば会社もわかる…かもしれません。

東大卒の杉山氏、経歴まとめ

杉山氏

2005年 東京大学法学部卒
2005年 大和証券SMBCに入社
2008年 ロイズ銀行東京支店に入行
2013年 クラウドクレジット株式会社を設立
2014年6月 投資型クラウドファンディング「Crowdcredit」の業務開始

経歴を見る限り、30歳で起業し、現在も33歳という若さでクラウドクレジット株式会社の代表取締役を務めています。

情熱社長のインタビューを元に考える杉山氏像

学者がビジネスする世界へ

学生時代には起業のことなんてこれっぽっちも考えていませんでした。と杉山氏は言います。

就職先は証券会社。
興味があったヘッジファンドを学びながらも、マネーゲームになってしまうことへの危惧感もあり外資系の銀行へ転職しました。ここで海外の銀行と日本の銀行について学びました。

日本では銀行の貸し渋りが問題に取り上げられたりしますが、本当は借りる側が少ないんです。
これに対しイギリスでは貸し出しを必要とする企業がとても多い。
ところが、預金高が少ないので、投資・運用するお金がないのです。

対照的な両国の実態を見て、
「だったら余っている日本のお金を必要とする所へ持っていったらどうか」
と考えました。
どちらの国にとっても絶対良いことになるはずだと自信がありました。
しかし、そんなことをしようものなら
大企業であれば承認や許可をもらうだけで時間がかかりすぎてしまいます。
どうしようか悩んでいたところ、
当時メディアに取り上げられていたグリーの田中社長の思いをウェブサイト上で見て感銘を受け、はじめて「起業」という手段を考えるようになったのです。
そして2012年の年末に退職し、年明けに会社を設立したのです。

想いを行動に移すのがはやいですね。この発想が、ソーシャルレンディングという日本では馴染みのなかった金融サービスを発起するきっかけとなったようです。



金融業は原子力潜水艦だ -金融での起業に向く人とは-

金融という分野で言うと、
いきなりベンチャーで会社を立ち上げて勝負していくのは大変困難を窮めると思います。

私もそうですが、一度証券会社なり、銀行なりに就職して、
お金の流れというものをしっかり学んでから起業されることをお奨めします。
踏み込むきっかけは信託でもトレーディングでも決済でも何でも良いと思うので、
やっていくなかで「これは!」と思える機会を見つけたらやってみるとよいのかもしれませんね。

よく「金融は原子力潜水艦のようなものだ」と言われます。
1つのミスで核爆発を起こしてしまうように、
金融もたった1つの小さなミスで大惨事につながってしまうことが往々にしてあるからです。
アメリカにMRIインターナショナルという資産運用会社があり、
日本国内にも多くの顧客を持っていて、集めた金額は約1300億円にも上っていました。
ところが、その集まったお金が正常に運用されていなかったという報道が話題にもなりました。
金融の世界では、広告と運用がうまくいけば
個人ではとても補てんできないほどのお金が集まってきます。
額が額だけに1つのミスが取返しのつかなくなる可能性がとても高いのです。
だからこそ投資する側は慎重にならないといけないと思います。

そして慎重にならなければいけないのは運用する側も同じ。
一度お金が集まってしまうと利益を生み出し続けなければいけないので、
運用を途中でやめることはできません。
金融というと聞こえは華やかで派手なイメージを浮かべるかもしれませんが、実は泥臭い地味な仕事なんですね。
1つのことをコツコツと続けられる忍耐力を持ち、慎重さも兼ねそろえたような人にこの世界は向いているかもしれませんね。

Fintech Venture Meetup 2015に登壇

Fintech Venture Meetup 2015 杉山智行登壇「イノベーションを起こすのに必要なこととは」【クラウドクレジット】

「世界の信用市場をひとつに」

「世界の信用市場をひとつに」-これがクラウドクレジットのコンセプトです。
今回の記事で、杉山氏がソーシャルレンディングにかける情熱をわかっていただけたのではないでしょうか。優秀な経営者のもとで、高利回りの金融商品が多数ありますので、ぜひクラウドクレジットへの投資をご検討下さい。

杉山智行氏の公式アカウント
Wantedly:https://www.wantedly.com/users/19165
Facebook:https://www.facebook.com/tomoyuki.sugiyama.tokyo
クラウドクレジットブログ:https://crowdcredit.jp/blog/index/1



コメントを残す