ソーシャルレンディングサービスの投資までの流れ

以下は一般論です。詳細は各サービスのホームページをご確認ください。

1.投資家の募集

貸付け事業に投資する投資家の募集を行います。

営業者(ソーシャルレンディングサービスを行っている会社)は、ホームページで投資家の募集を行います。

投資家は、契約締結前書面を確認し、投資のリスクと手数料その他の契約書面等を十分に理解し同意した上で、投資の申し込みを行います。

2.借り手の募集、貸付け

営業者のホームページ上で、借り手を募集します。営業者の審査に承認されると、借り手に貸し付け条件等を記載した契約締結前書面を送付します。

借り手は契約締結前書面を確認します。そして、金銭消費賃借契約を理解し同意、締結した方のみ貸付けが実行されます。なお、投資家の資金が不足している場合には、資金が集まるまで借り手は待つ場合があります。

※借り手に貸し付けを行うのは営業者です。投資家が借り手に直接貸付けを行うことはしません。

3.借り手からの返済

借り手は営業者と締結した金銭消費賃借契約に従って、返済します。返済の方法は、初回のみ銀行振り込みとなり、その後は銀行引き落としとなります。ただし、借り手の返済が遅延した場合は、銀行振り込みでの返済となります。

4.投資家への配当

営業者は借り手から返済された金額から、各種手数料・源泉税を控除した額を投資家に配当します。

コメントを残す