クラウドクレジットを始めるには?口座開設・登録方法や審査の流れを解説

今回の記事ではCrowdcredit(クラウドクレジット)の登録条件、登録方法をお伝えしていきます。

クラウドクレジットは伊藤忠商事やマネックスから出資を受けていますし、社長の杉山智行氏をはじめとして顔写真が掲載されています。もちろん住所や電話番号もサイトの目立つ位置に掲載されています。

伊藤忠商事やマネックスが怪しげな会社の株主になるとは思えませんから、とても信頼性の高いソーシャルレンディング事業者と言えるのではないでしょうか。

クラウドクレジットでは、海外のファンドへの投資が少額からできます。

サイトの上部に運用状況の報告のリンクがあります。今のところ、貸し倒れ、デフォルト、元本割れなどの履歴はないようです。

以下の流れで口座開設できますので、参考にして投資をしてみてください。

クラウドクレジットの登録条件

・個人の場合
1.申請段階で20歳以上、75歳未満の方。
2.クラウドクレジットの審査に通った方。(審査内容に関してはお答えできません。)
となっています。きちんと個人情報をクラウドクレジットに開示できる方であれば、審査は通るのではないでしょうか。

クラウドクレジット(Crowdcredit)の登録方法

さて、では実際に登録してみましょう。3ステップで簡単に登録できました。

まずこちらから公式サイトにアクセスしてください。定期的にキャシュバックなどのキャンペーンを行っていますから、もしキャンペーン開催中のときならチャンスです。

クラウドクレジット公式サイト

ステップ1:新規登録

crowdcredit1
マイページにログインするためのIDやパスワードを入力します。もちろん無料です。
※英数字、かつ記号をいれなければパスワードを登録できません!
パスワードに関してはネット金融商品というだけあって慎重ですね。

crowdcredit2
IDやパスワードを設定すると、「Welcome to Crowdcredit!」となります。

これでメールが届きます。メールに添付されていたURLを24h以内にクリックすると、マイページにログインできるようになります。
早速マイページにログインして、次のステップに進みましょう。

ステップ2-1:同意及び確認事項

サイトの利用規約、個人情報の取り扱いなどPDFをダウンロードしてひとつずつ確認します。確認したら、「1から5までの全ての書類を確認し、同意しました。」にチェックをいれて、同意するボタンで完了します。
crowdcredit3

ステップ2-2:適合性の確認

crowdcredit4
少し見づらくて申し訳ないのですが、こちらの画面で年収や投資経験、投資可能金額を回答します。

ステップ2-3:お客様情報の入力

最後に、住所や電話番号、勤務先などの個人情報を入力し、口座の登録をします。
これで審査の対象となりました。

ステップ3:お客様コード取得

審査が完了したら、クラウドクレジットより郵送にて「お客様のコード」が送られてきますので、これを入力したら投資が可能になります。

なお、登録に関してわからないことがあったらフリーコール(平日10:00~18:00)も用意されています。マイページに登録していなくてもかけられます。手厚いサポートがあるので、安心して始められますね。
入金や出勤についてわからないことがあれば電話やメールで質問できます。

クラウドクレジット公式サイト

【関連記事】

maneoを始めたい!登録方法を説明します

コメントを残す