maneoを始めたい!登録方法を説明します

さて、このブログを読んでmaneoを始めたいと思ったみなさん、
登録方法をお伝えいたします。

maneoを始めるには?登録条件

まずは登録する際の条件です。

メンバー
20歳以上、65歳未満。日本在住。
65歳以上の方は、個別で申請する必要があります。

借り手(ボロワー)
20歳以上、60歳未満。税込み年収300万以上。
必要書類(本人確認書類、年収証明など)を提出し、マネオ(maneo)の審査に通ること。

貸し手(レンダー)
※2016/5/24現在、借り手申請の受付を行っておりません。
20歳以上、65歳未満。
必要書類(本人確認資料など)を提出し、マネオ(maneo)の審査に通ること。

maneoの登録の仕方

登録無料!maneoIDの取得

「maneoID」を取得します。
maneo1
※「maneoID」の登録に伴う費用は、一切かかりません。
※maneoでは、借り入れ以後のみ金利、手数料が発生いたします。

投資家申請-適合性の確認-

IDやパスワードを入力後、投資家申請を行います。
サイトの規約や金融取引における重要事項説明など、各種ドキュメント(PDF)の閲覧を行います。すべてファイルを開けば、次に進めます。
maneo2
また、その次のページには自身の金融資産や投資経験に関する設問があります。
このあたりは株式やFXの口座開設と同じですね。
maneo3

投資家申請 個人情報の入力

次に、名前や住所、電話番号などの個人情報を入力します。
自分が持っている銀行口座情報を手元に置いておきましょう。

またmaneoを利用する際、自分の銀行口座は三菱東京UFJ銀行をお勧めします。
maneoの口座が三菱東京UFJ銀行なので、他行の場合に振り込みや引き戻し時の手数料がかなりかかります。

本人確認書類の提出

金融取引を行いますので、本人確認が必要です。複数種類求められるのですが、王道としては、運転免許証と銀行口座でしょう。郵送orFAX、または写真を撮って電子データで必要書類を送付します。

本人確認キーの発行と入力

maneo5
上記の本人確認書類をmaneoに送ったら、あとは本人確認キーが郵送で送られてくるのを待ちます。
そのキーをmaneoのマイページから入力して、ようやく口座開設が完了となります。

maneo6
↑おめでとうございます。口座開設できました。

登録はこちらから

ソーシャルレンディング用の口座に振り込み

申し込みが完了したら、あとはお金を用意するのみです。maneoのソーシャルレンディング専用の銀行口座に振り込みします。

ソーシャルレンディング専用の銀行口座はmaneoのマイページから確認することができます。

maneoなら、最短1日でスタートできる!

なんと最短1日でID登録した後
確認キーが書留郵便で届き申し込み手続き完了となるそうです。
さすがFinTechの分野の最新の投資サービスですね。

マイナス金利により金融機関の貸し渋りが騒がれているので、
今後、個人同士のお金の貸し借りができるソーシャルレンディングにますます注目が集まりますね。

“maneoを始めたい!登録方法を説明します” への 1 件のフィードバック

コメントを残す