業界最大手のmaneoの評判は?特徴まとめ

maneo

日本初のソーシャルレンディングで、日本最大手といわれています。
今年で7周年を迎えました。

初心者ならまずはmaneoといわれる理由

・なんといっても業界最大手
日本初のソーシャルレンディングサービスを始めたのはmaneoです。
・1万円から投資をスタートできる
・案件数が最も多い
これはmaneoグループであるCrowd Lease、GAIA FUNDING、LC Lending、SmartLendをけん引するmaneoだからこそ為せる技といえます。

オークション型ソーシャルレンディングの先駆者

オークション型ソーシャルレンディングの代表的企業です。

オークション型のシステムは、運営会社の提供するコミュニティを利用し、借り手は借入目的や信用性をアピールすることができます。それに対し、貸し手はそのアピールを判断材料にして投資先と金額を決定します。

オークション型のメリット

1. レンダーとボロワーが直接コミュニケーションをとれる
借り手は自身で募集金額や借入期間、返済方法、金利などを設定することができ、貸し手は気になる点があればローンを募集している借り手に関して質問や確認を行うことができます。

2. 金融市場の相場や一般利率に左右されない

オークション型は、金融市場の相場や一般利率に左右されないため、借り手は信用性を高め、共感を持つ投資家を多く集めることができれば、低金利な借り入れが期待でき、一般的に簡単には投資できない大型投資の案件も成立する可能性が大いにあります。また、貸し手も投資する相手を自ら判断しながら分散投資することで、低リスクで安定した利回りが期待できます。

代表取締役:瀧本憲治
ブログ:http://www.takimotokenji.com/
Facebook:https://www.facebook.com/the.very.kenji
著書:「セカンドマネーを創りなさい! :勝負しないで勝率99%! 利回り8%のインカムゲイン投資法」(2013/01/18)

創業者:妹尾 賢俊
著書:みんなと幸せになるお金の使い方 「ソーシャルレンディング」という新しい投資のカタチ (2012/12/22)

公式maneoアカウント
Twitter:@sociallendingJP
Facebook:maneoファンページ

“業界最大手のmaneoの評判は?特徴まとめ” への 1 件のフィードバック

コメントを残す