ソーシャルレンディングで注意すべき3つのリスク

現在急成長しているソーシャルレンディングサービスですが、リスクがあることを忘れてはいけません。
以下に、リスクの概要をまとめました。

1.デフォルト(貸し倒れ)リスク

デフォルト(貸し倒れ)とは、貸したお金が返ってこないリスクです。

サービス会社自身が返済を肩代わりすることはありません。貸し倒れのリスクは全面的に貸し手が負うことになります。

2.サービス会社破たんのリスク(事業者リスク)

現状では、サービス会社は上場企業ではなく、規模も決して大きいとは言えません。サービス会社が破たんする可能性は十分にあります。万が一サービス会社が破たんした場合、投資した資金が返ってこないリスクがあります。

3.途中売却・解約できないリスク(流動性リスク)

銀行の定期預金であればいつでも解約できます。国債や投資信託・株式などもいつでも売却できます。

しかし、ソーシャルレンディングで一度お金を貸してしまえば、急にお金が必要になったからといって貸出期間中に解約することはできません。

コメントを残す