SmartLend(スマートレンド)の社長、柳澤 修ってどんなひと?

SmartLend(スマートレンド)の社長、柳澤 修氏を紹介していきたいと思います。

pic_greeting_yanagisawa

引用元:https://www.smartlend.jp/company/Greeting

柳澤 修氏の経歴

米国ノースウェスタン大学卒、米国公認会計士(ニューヨーク州)、GEシックスシグマ・ブラックベルト。 会計監査法人アーンスト・ヤング、ゼネラル・エレクトリック(GE)、インテル(株)などに勤務した後、独立・起業。2016年4月にSmartLend株式会社を設立しました。

人生を3つに分ける

20代~30代を一区切り、40~50代、そして40~50代、60~70代と考えており60~70年代は社会に還元できる期間にしたいそうです。男性に生まれてきた以上、一度くらい自分で事を起こしたい、チャレンジしたいという思いから、SmartLendを設立するに至りました。

日本の良さを発信していきたい

40~50年代はいちばん油に乗っている時期だと思います。その時に何をやりたいか、ということを考えました。そして、今回会社(インテル株式会社CFO)を辞めたことにもつながりますが、海外に長くいたこともあって日本の良さをっもっと世界に理解してもらいたい、発信していきたいということを考えているそうです。日本から発信するということをテーマとしてやっていきたい。

好きな物・趣味など

好きな食べ物:日本食
趣味:浅く広く
ギターを弾いたり、油絵を描いたり、剣道をやってみたり、様々な経験があるようです。
物事を深めること、専門性に秀でた人をみては関心し、常温に戻るそうです。

座右の銘:「前進あるのみ」

小学校の卒業式の翌日からアメリカへ行ったそうですが、その時の担任の先生が最後にくれたメッセージ「前進あるのみ」が印象深い言葉だそうです。辛いことがあってもとにかく前を向いて、進むことが人生において一番大事なこと…共感できます。

【関連記事】

maneoグループの最新サービス、SmartLend

【関連サイト】
松原良香コラム”mano a mano” 第15回 柳澤修さん(元インテル株式会社CFO)
http://felice2005.com/y_matsubara/manoamano/no015.html

コメントを残す