maneoグループを率いる瀧本憲治の評判、口コミは?

瀧本憲治氏のプロフィールまとめ

takimoto2016

役職

maneo㈱・maneoマーケット㈱(ソーシャル金融業)社長
UBIfinance㈱(賃金業・不動産業)社長
㈱LCレンディング(クラウド金融業(商業不動産))社外取締役
ガイアファンディング㈱(クラウド金融業(米国不動産))社外取締役
㈱ラ・アトレ(東証ジャスダック市場(証券コード:8885)、不動産業)社外取締役
UBI㈱(投資業)株主

最終学歴は慶應卒

慶應義塾大学商学部卒だそうです。

高校を中退したり、浪人したり、職を転々としたり…壮絶な人生を歩んでいるようです。

麻雀にはまりすぎて挫折、トラック運転手の経験あり

ブログのプロフィールにある経歴をみてみると、麻雀にはまりすぎて高校受験に苦労しただとか、15歳で土方を経験し、高校卒業後はトラック運転手になっただとか、様々な経験をなさって今の職に至るようです。

1972年ということで、現在44歳です。ラッキーバンクの田中翔平氏やクラウドクレジットの杉山氏には及びませんが、まだまだ若いですね。

座右の銘は…

「やってみなわからん。やったことしかのこらん。」
だそうです。(※Facebookより)
瀧本さんの前途多難な経歴を象徴する言葉ですね。

詳しくはこちら:投資の現場レポート – 瀧本憲治のプロフィール

ブログ:投資の現場レポート
1週間に1回のペースで更新されています。
Twitter:@takimoto_kenji

【関連記事】

業界最大手のmaneoの評判は?特徴まとめ

コメントを残す